グランプリを受賞された愛知県豊橋市のごとう製茶:後藤潤吏(ひろさと)さんが、ブラジルから参加した島田うめエリザベッチさんのもとを訪ね3週間にわたる技術交流を行いました。
日本の最高の紅茶とブラジル最高の紅茶の交流はお互いに多くの得るところがあったようで、これからますます両国の紅茶の品質の向上ができるでしょう。
国産紅茶グランプリ優勝の後藤さん=ブラジル・レジストロに手揉み伝授
https://www.facebook.com/nikkey.shimbun/posts/1003319413065394

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で