ホームページの更新が遅れていてごめんなさい。
世界の珍しい紅茶体験でお出しする紅茶を掲載しました。

http://teafes.com/?page_id=1856

上の画像は木登りして遊んでいるわけでは有りません。
ラオスの山奥のゴールデントライアングルと呼ばれ、かっては麻薬密造地帯で入域できなかったところで見つかった樹齢1000年の茶樹に登って茶摘みをしている写真です。

ここでは、村おこしのために、こんなお茶の木を始めとする周辺の茶の木の葉で、今年から紅茶を作り始めました。

その、樹齢1000年の茶樹の紅茶が飲めます。

そしてこんなものも。
これも実は紅茶。
中国湖北省赤壁市特産の米磚茶というお茶です。

昔は紙も高価で、お茶は固めて運ばれ、皇帝に献上するのもこういうお茶でした。

その伝統が今も残っていて、ロシア、モンゴルに輸出されています。

でも、日本では販売されていません。
とっても、レアな紅茶です。

その他、いろんなお茶が飲めますので、ぜひ珍しい紅茶のページを見て、ご来場くださいね。

http://teafes.com/?page_id=1856

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で